キャッシングの審査は厳しい?通過するためのコツを徹底解説

 

キャッシングの広告には即日融資OKという言葉をよく見かけますよね。しかし融資を受けるにも、審査があります。

 

この審査に関して、

 

  • 審査は厳しいのか?
  • どういう判断基準で決まるのか
  • 審査に落ちる原因って何?
  • 審査の条件が知りたい

 

とった疑問や不安を抱く人も多いでしょう。

 

そこで今回は、キャッシングの審査はどのように行われるのか?どんな人が審査通過するのか?などを把握して、審査通過するためのコツを掴んでいきましょう!

 

キャッシングはスピード審査!その審査方法とは?

 

審査と聞くと、住宅ローンなどを利用したことのある人は、

 

  • 厳しいんじゃない?
  • 時間もかかるんでしょ?
  • 書類提出もたくさんある?

 

など、一見すると物々しい雰囲気を感じている人も多いでしょう。

 

しかし近年のキャッシング会社では、幅広い層が気軽に借入できるよう、審査もスムーズになっています。

 

その特徴としては、

 

  • 最短30分審査
  • 指定口座なしで借入可能
  • 最低限の書類提出
  • 在籍確認は書類対応もOK

 

といった柔軟な取り組みを実施しているキャッシング会社が増えています。そのため冒頭でも説明のように、即日融資も可能になります。

 

しかし審査手順がスムーズになったからと言って、審査基準が甘くなったわけではないので、注意してくださいね。

 

キャッシングの審査基準やその方法を徹底解説

 

まずキャッシングの審査目的には、その人に返済能力があるかどうか?を判断します。そのため審査時には、次の情報が必要になります。

 

  • 本人情報
  • 住居
  • 勤務先
  • 雇用形態
  • 年収
  • 勤続期間

 

これらの情報をもとに、審査を進めていきます。その後、仮審査→本審査(在籍確認)などを行い、入力情報に不備や偽りがないか?確認していきます。

 

審査に必要な書類提出

 

またキャッシングの審査では、個人情報や勤務状況を確認するために、次の書類提出が必要になります。

 

本人確認

運転免許証
パスポート
健康保険証
(社会保険or組合保険のみ)
マイナンバーカード
在留カードor特別永住者証明書
(外国籍のみ)

収入証明書

給与明細(直近2ヵ月)
源泉徴収票
確定申告書
住民税決定通知書

 

上記の表に記載した書類のうち、いずれか一つを用意する必要があります。

 

また本人確認書は、顔写真付きのものがベストです。しかし中には、免許証やパスポートを持っていない人もいるでしょう。そのため健康保険証など提出するときは、

 

  • 住民票の写し
  • 印鑑証明書
  • 公共料金の領収書
  • 社会保険の領収書 など

 

など、いずれかを一緒に準備しておくと安心です。

 

収入証明書は必ず必要?必須条件がある!

 

収入証明書を提出するケースは、その条件があります。

 

それは消費者金融でキャッシングをする場合、「借入額が50万円以上を超える」「他社キャッシングと合わせると100万円以上になる」といったケースでは提出が必要です。

 

また在籍確認を書類対応で行うときも収入証明書が必要になるので、事前に準備しておきましょう。

 

キャッシング審査で押さえたい5つのポイント

 

キャッシング審査に通過して、借入を成功させるためには、必ず押さえておきたい5つのポイントがあります。このポイントは審査落ちの原因にも比例するので、申込み前に必ず確認しておきましょう。

 

また審査落ちすると信用情報が傷付くケースもあるので、こうしたリスクを未然に防ぐために、詳しく確認していきましょう。

 

申込み条件に満たした年齢かどうか確認

 

多くのキャッシング会社には、年齢制限があります。大体の場所は、満20歳〜69歳までが申込条件を満たす年齢と言えるでしょう。そもそも20歳未満は原則キャッシング利用ができないため、未成年の人は注意しましょう。

 

また審査に通りやすい年齢は、20代後半〜50代前半と言われています。

 

日雇い・無職の審査通過は厳しい

前述したように、キャッシングの申込条件は「収入が安定していること」です。そのため無職(ニートや)日雇い労働者などは、毎月安定した収入を得られないため、返済能力が低いと判断されるケースが多いでしょう。

 

また水商売や風俗業など、収入が多くても審査に通りづらいケースもあります。これは公的書類で収入証明できないケースが多く、審査に響いてしまうと考えられます。

 

初回借入額は低めに設定する

希望する限度額によっては、審査の通過のしやすさが違います。初回で多額の融資をすると、取り引き実績のない人は信用がないため、その分審査も非常に厳しくなります。

 

もし大口のキャッシングを希望する場合は、それなりの理由や証明が必要になります。一方で少額希望であれば、収入証明書も必要なく、審査もスムーズになる傾向にあります。

 

信用情報に傷がない

キャッシングの審査では、この信用情報を必ず確認されます。これに事故情報の履歴が残っていると、審査は非常に厳しくなるでしょう。

 

事故情報として扱われるものは、

 

  • 長期延滞
  • 債務整理
  • クレジットカードの支払い延滞
  • 携帯料金の未払い

 

などがあげられます。たとえば他社キャッシングをしていた場合、返済遅延をすると信用情報に履歴が残ってしまい、審査が通りづらくなることもあるのです。

 

自分の信用情報に問題がないか?心配な人は、情報開示して内容確認してみましょう。

 

勤続年数が半年以上だと安心

審査を行うときは、勤続年数も需要になります。勤続年数が短すぎると、収入が多くても安定していると判断されにくいケースが多いです。そのため結果的に、審査落ちになるケースも考えられるでしょう。

 

そのため、最低でも半年以上の勤続期間を目安として考えておくと安心ですね。

 

キャッシング会社はどうやって選ぶ?

 

そろそろキャッシングのご利用を考えている方は、その会社選びは重要です。出来れば頼りたくないけど、急な出費で頼らざるを得ない時って誰にもありますよね?

 

でも、どこの会社にすればいいのかわからないな…という方に、キャッシング会社を選ぶならどんな点を重視するかをまとめてみました。

 

利息が小さい

借りるなら利息が小さい方が良いですよね。利息が高くて返しきれなくなるという事態は絶対嫌です。

 

審査が早い

急に必要になったからキャッシングに頼りたいのに、審査が面倒だったら意味がありません。

 

即日融資OK

審査とも絡みますが、キャッシングだからこそ即日お金が欲しいものですよね。すぐに借りれないのであれば、キャッシングに頼る必要もありませんし。

 

誰にもばれない

やっぱりキャッシングにお世話になってることは、誰にも知られたくありません。郵便や電話でやり取りするとばれてしまう可能性もあるので、そういう心配がないものが良いです。

 

返済が便利

借りた後の話ですが、返済が面倒だと後回しにしてしまって忘れてた……なんてことにもなりかねませんよね。私は面倒くさがり屋なので、コンビニ等で簡単に返済できると嬉しいです。

 

この条件を満たしてくれるようなキャッシング会社を探してみると失敗のないキャッシング会社選びができいると思います。